ページトップへもどる

2022.01.30wedding

ポストコロナにおすすめの結婚式『カフェウェディング』とは?メリット3選紹介

こんにちは、

東京吉祥寺で “結婚式のできるカフェ”を行う

CAFE&WEDDING22です!

 

本日はコロナ禍で結婚式を延期・中止された新郎新婦様へ

費用負担をかけず、カジュアルなスタイルで行える

“カフェウェディング”を紹介したいと思います。

 

 

「結婚式を延期・中止する際に取消料がかかってしまい、

開催したいけど高額な費用はかけられない…」

 

「念願の結婚式、せっかく大好きな人達と集まれる場で

堅苦しい雰囲気にはしたくない…」

 

そんな悩みを抱えている新郎新婦様にとって

少しでも選択肢を広げることができたら幸いです^^

 

 

カフェウェディングのメリット3選


1. 新郎新婦・ゲストの費用負担が軽い

結婚式を開催する上で懸念されるのが高額な費用。

 

一般的な挙式披露宴と比べ、
カジュアルなスタイルで行うカフェウェディングは
「ご祝儀制」ではなく「会費制」で行われることが多いです。

 

「会費制」では新郎新婦が全体金額や予算から
自由に会費の金額を設定できるため、
自己負担額を調整することが可能です。

 

また、ゲストにとっても
平均10,000円~15,000円の会費は
ご祝儀制の結婚式よりも負担が軽く、気軽に参列できます。

 

2. ゲストとの距離が近いカジュアルスタイル

格式の高いホテルや専門式場とは異なり、
アットホームでカジュアルな雰囲気を持つカフェ。

 

例えば、豪華なメインテーブルは特別感がありつつも、
ゲストと目線が合わず距離を感じる。

 

ゲスト側も新郎新婦と話したい!
花嫁姿の新婦と写真が撮りたい!と思っても
広い会場の中、なかなか気軽に行けない。

 

せっかく大好きな人達に集まってもらった場で
お互いにそんな想いを抱えていたとしたらもったいないですよね。

 

メインテーブルだけでも
・段差は付けずゲストと同じ目線にする
・ゲストテーブルとの距離を近づける
・ゲストと写真が撮りやすいテーブルの配置にするなど

アットホームな空間ならではの工夫ができます。

 

3. 進行・演出に決まりがない自由度の高さ

カフェウェディングでは、

新郎新婦が想い描くパーティースタイルや

ゲストの層に合わせて内容を決めていくことができます。

 

例えば、挙式はパーティー内で行う「人前式」が多く、

キリスト教式のように進行が決まっていないため、

誓いの言葉をアレンジしたり

お互いにお手紙を読んだりと自由に決めることができます。

 

挙式披露宴の結婚式に限らず、

会食会や挙式後の1.5次会パーティー、2次会など

幅広いスタイルを行うことができ、

お二人に合った結婚式が実現できます♪

 

 

 

負担を抑えながら、自由に行える「カフェウェディング」

 

CAFE&WEDDING22では、随時相談会を実施しております。

様々なスタイルの事例をご紹介しながら、

お二人にとってより良い結婚式の形を見つけていきましょう!

 

 

– WEDDING MENU –

Previous Post Next Post

FOLLOW US

CAFE & WEDDING 22の記事は各ソーシャルメディアでも配信中。

今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

CAEE & WEDDING 22の記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

RECENT ENTRIES

Copyright © 2021 Cafe & Wedding 22 All Rights Reserved.