ページトップへもどる

2017.02.05wedding

挙式のおすすめ演出☆

Black-grey-gray-wedding-theme-angelina-jolie-gothic-goth-pride-and-prejudice-elizabeth-bennet-mr-darcy-jane-austen-english-bride-bridal-8

こんにちは、
CAFE&WEDDING22
(カフェアンドウェディングトゥエンティツー)です☆

 

本日は、ご親戚やご友人に

お子様がいらっしゃる方や
お子様が生まれた後に結婚式を
ご予定の方にもおすすめの
「リングボーイ」「フラワーガール」
演出をご紹介致します!

 

ドレスやタキシードを着たお子様の
可愛らしい姿を見るだけで
会場の雰囲気がより和やかになりますし、
もし予定通りに上手くいかなかったとしても
お子様と一緒だからこそ作れる
素敵な思い出になるはず^^

 

 

【リングベアラー】

152437_normal

英語でBearerとは、運搬者・伝達者という意味。

 

その名の通り、リングベアラーとは
挙式入場の際に新郎新婦が交換する結婚指輪を
乗せたリングピローを祭壇まで運ぶ役割。

 

4〜10歳までの男の子が多いですが、
女の子が行ってもOK!
男の子の場合はリングボーイ、
女の子の場合はリングガールと呼びます。

 

お次に紹介する「フラワーガール」と一緒に、
またはその前を歩き、祭壇に向かって
バージンロードを進行します。
フラワーガールとカップルのような
スーツやタキシードを着用します。

 

リングベアラーが女の子の場合は、
フラワーガールとお揃いのドレスを
着るととても可愛らしいです♪

38

 

 

【フラワーガール】

flower-girl-663210_960_720

挙式入場の際に新婦の前を歩きながら、
カゴに入った花びらを
バージンロードにまく役割。
花びらをまくことは〝清め〟の意味があります。

 

フラワーガールは、
二人の少女が同じような服を着て、
小麦の花輪を持って入場の際に
花嫁の前を歩いていたという
中世の習慣から由来しています。

 

小麦の花輪は、
〝花嫁と花婿への限りない幸福〟を表し、
その後、装飾用のカゴになり
バージンロードでカゴから花びらを
まくようになりました。

 

 

花びらをまく以外に
花束を持ってゲストに一輪ずつお渡しする
という演出もあります♪

 

 

お二人だけの結婚式も特別ですが、
お子様に参加して頂くことで

より温かい結婚式が行えます。

 

ファミリーウェディングの場合では

お子様が成長した時に一緒に振り返えることが
できるのも楽しみの一つになりますよね^^

 

是非、様々な演出を取り入れて

心に残る思い出をおつくりください♪

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

CAFE & WEDDING 22の記事は各ソーシャルメディアでも配信中。

今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

CAEE & WEDDING 22の記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 Cafe & Wedding 22 All Rights Reserved.